社会人になり初めてカードを持った時、カードを使用できる便利さは実感しても付与されるポイントについては全くの無関心だった。毎年ポイントのお知らせと、そのポイントで交換できる商品のパンフレットが送られてくるが、ピンとくるものがないため活用することなく毎年無駄にしていた。しかし、結婚し家庭を持った時、節約を兼ねてカードの見直しをした。数あるカードの中でポイントが現金で還付されるものを発見。今まで無駄にしていたポイントが自分から申請せずとも勝手に口座に振り込まれる!これはいい!と思い、カードを変えた。今まで現金払いだったものをできるだけカード払いにした。ネットでの買い物だけでなく、スーパーでの買い物もカードを使えるところに変え、コンビニでの少額の支払いもカード払いにしてコツコツとポイントを貯めていった。そうすると、どれだけポイントが貯まってるか確認するのが毎月の楽しみになっていた。そして、1年に1度、現金が口座に振り込まれた時、忘れたころに振り込まれるため「これは何のお金だろう?」と一瞬考えるが、すぐにポイントだと気づき嬉しくなる。何もしていないのにお小遣いが貰えた気分だ。今年はこのお金で何をしよう。家族で外食か、自分へのご褒美か。そんなことを考える時間も含めて素敵なプレゼントに感謝である。